慶大医生による慶應高校過去問解説DVD・国語編(13年分)

カテゴリ

慶應高校を受験予定の皆様!

目黒にある慶應生および慶應受験生のための個別指導塾『目黒慶應研究会(目黒中崎塾内)』 が満を持してお届けいたします!


慶應大学医学部生による慶應高校・過去問解説DVD

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
https://meguken-keio.amebaownd.com/shopItems/2572059

¥21,600 (税込)
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる


代表責任者 中崎一樹からのメッセージ

以下のユーチューブサイトにてVTRにてご挨拶をさせていただいております。是非ご覧ください。

代表責任者 中崎一樹からのメッセージ

以下のユーチューブサイトにてVTRにてご挨拶をさせていただいております。是非ご覧ください。

https://youtu.be/JONf6-NZyoo

私学受験の「頂」を極めた慶應大学医学部生が、

・ 試験の現場でどのように考え、

・ どのように時間配分をし、

・ どのように問題を解いていけばよいのか

実際に問題を解きながら受験生の皆様にお伝えしてゆきます。

受験生の皆様はこのDVDを見ながら慶應大学医学部生の言葉を丁寧にメモし、解法をトレースしてゆく「だけ」で、試験に合格するための正しい思考法、解法を自然と身に着けてゆくことができます。

他では絶対に手に入れることのできない合格に必須の教材です。

是非この教材を活用し、私学受験の「頂」を極めた慶應大学医学部生の現場的な思考力、解法を習得し、慶應普通部への合格を確実なものにしてください。

<講義時間>

平成     

18年     1時間7分40秒
19年     1時間9分17秒
20年     1時間23分38秒
21年     1時間17分29秒
22年     1時間34分17秒
23年     1時間29分27秒
24年     1時間41分35秒
25年     1時間33分5秒
26年     1時間4分27秒
27年     1時間25分27秒

1.教材を作成している「目黒慶應研究会(目黒中崎塾)とは?

目黒慶應研究会は、目黒中崎塾内にある「慶應生の慶應生による慶應生のための」個別指導塾です。

・ 目黒中崎塾HP http://meguro-nakazaki.com

・ 目黒慶應研究会HP http://meguro-keio.com

・ 慶應大学医学部家庭教師研究会HP https://sites.google.com/site/keioigakubu

代表の中崎一樹は、慶應高校・慶應大学経済学部出身です。後輩やこれから後輩になってくれる皆様と一緒に日々机に向かう中で、わたくし自身、日々たくさんの事を学ばせていただいております。

もちろん、世の中には慶應以外にも素晴らしい学校はたくさんあります。10年以上にわたり家庭教師、塾講師を勤めさせていただく中で、慶應以外の学校にも多くの学生の皆様に合格いただくことができました。

ただ、やはり私の人生の中に「慶應」という学校が大きく存在し、学校内はもちろん社会に出た後も多大な恩恵を受けております。まずは、「慶應」への恩返しから、という気持ちがあり、そしてその気持ちに賛同していただく慶應大学医学部生の皆様の支えがあり、「慶應」を中心とした展開をさせていただいております。

私やDVDに講師として登場する医学部生たちは「慶應」の合格生です。「慶應」には「慶應生」しか体現することができない「慶應合格への術」があります。

慶應の頂にある慶應大学医学部の合格者だからこそ体現し、伝えられる慶應合格への秘伝の術を皆様へお伝えしてゆきます。

(代表)中崎一樹のブログ

目黒慶應研究会ブログ http://ameblo.jp/meguken-keio

目黒中崎塾ブログ http://ameblo.jp/meguken-goukaku

2.どうして慶應大学医学部生による過去問解説ビデオの作成にこだわったのか?

(1)私学受験の「頂」を極めていること。

まず何より、慶應大学医学部がまぎれもなく私学の「頂」にある学問機関であり、その試験に合格した先生方は、受験合格のための「承継すべき術」を持たれているということです。ご縁があり、私が経営しております目黒の塾(目黒中崎塾/目黒慶應研究会)には多くの慶應大学医学部生の皆様に講師としてご活躍頂いております。その研ぎ澄まされた学習方法や試験の現場での思考方法は生徒達から絶大な支持を受け、塾に通ってくださっている生徒達の学力・成績は大変な伸びを見せております。より多くの受験生の皆様にその学習方法や思考方法をお伝えすることは当塾の使命であると考えております。

(2)現役の合格生であること。

プロの講師による過去問解説はどうしても「劇場型」になってしまいます。視聴者を気持ちよくさせる、満足させる、うっとりさせる、やる気にさせる、そういう術をプロの講師は持っています。確かに、生徒達はプロの先生の解説を聞くことで、勇気づけられ、勉強へのモチベーションが上がるという一定の効果は得られると思います。また、一人で分からなかった問題もプロの講師は分かりやすく解説してくれます。ストレスなく楽手していくことが出来るかとも思われます。しかし、こと「合格」という最終目的にこだわるとすれば、合格した現役生の「生の声」がどうしても必要です。営業的ではなく、社交的でもなく、荒々しく、実直な合格者の「生の声」。この「生の声」こそ、本当に合格に必要な現場的な思考やその思考を身につけるために必要な普段の学習方法を飾り気なく、誠実に届けてくれます。だからこそ、我々は合格の「頂」を極めた慶應大学医学部の現役生による講義にこだわりました。

3.他の解説DVDと何が違うのか?

実際に現場で合格者がどのように問題を解くのか、その思考方法や時間配分が見えるようにVTRを作成させて頂いております。

英語は、実践編において制限時間内にどのように解答をしてゆくべきかを念頭に問題を一緒に解いてゆくスタイルをとっています。そして、解説編において、「どうやったらその問題が解けるようになるのか。」「日々の学習で気を付けるべきことは何か。」などという視点から、より深い解説を加えています。受験は、英語が合否を分ける、といっても過言ではないと思います。英語で安定して8割以上の得点をとれるように訓練を積んでゆくことが合格への王道です。多大な分量を正確に短時間で処理しなくてはなりません。一見困難なようにも見える試験問題ですが、本DVDを視聴し、講師と同じような思考方法を取れるように訓練を繰り返してゆくことで、必ず安定して高得点を取っていただけるようになります。一緒に頑張りましょう!

数学は、実践編では実際に講師に時間内に問題を解いて頂いております。受験生の皆様は合格者が現場でどんな順序で、どんな式を立て、どんな図形を書き、どうやって計算をして、答えに至るのか、を現場に同席しているように確認することが出来ます。解説編は実践編のVTRに講師による解説を吹き込んだものとなっております。実際にどのようなことを考え問題を解いたのか、

国語は、いかに効率的に回答にたどり着くべきか、という視点から丁寧に解説をしております。多くの問題を短時間でこなさなくてはなりませんので、ある意味「機械的」で「効率的」な解法を身につけておく必要があります。理系を極めた慶應大学医学部生が国語の問題をどのように「論理的」「効率的」に解答してゆくのか、国語が得意な受験生はもちろん、国語に苦手意識を持っている受験生は必見の「術」をお伝えしてゆきます。そして、それだけではなく、より深く問題文を吟味し、記述問題においてより深い理解を示すための問題文の読み方、分析の仕方も同時にお伝えしています。いわゆる「ハネル」答案ということになります。試験に合格するという目的の上では、「ハネル」答案を狙って書く必要はありませんが、多くの人と違ったより深い視点で答案を書くことが肯定される点は慶應高校の国語の試験問題の醍醐味でもあります。予備校などで評価されない答案も慶應高校の本番の試験では「ハネル」可能性があります。本が読むのが好き!文章を書くのが好き!なのにも関わらず、予備校や模試で評価されずに悩んでいる生徒の皆様!大丈夫です!私自身(慶應高校合格者)もそうでした!悩める文学少年の皆様は必見の内容になっております。

4.過去問演習にかける思い

私は受験とは「過去問に始まり過去問に終わる」べきであると考えております。なぜなら、過去問こそが目指すべき最終到達地点を示してくれる唯一無二の教材だからです。確かに、予想問題も似たような問題が出る可能性はあります。また、同じような形式の問題を解く練習をしておくことで試験に安心して臨める、という効果があります。しかし、試験問題は各学校の先生方が一年をかけて作成する精査された高品質の問題です。一見同じように見えても予想問題などで出される問題とは「質」「深さ」が全く異なります。

過去問は一回解けば終わり、ではありません。第一志望校の過去問は最低でも3回、出来れば10回は解いてください。

同じ問題を繰り返し解いて意味があるの?と思われるかもしれません。私自身の合格経験や10年以上にわたる指導経験から自信を持ってお伝えできます。

過去問は繰り返し解くからこそ意味があるのです。

一度目に解けなかった問題も繰り返し解くことで解けるようになります。一度目に解けた問題は繰り返し解くことで短時間で解く術を習得することが出来ます。10回繰り返す頃には、制限時間の3分の1程度で溶けるようになっていきます。「答えを覚えてしまう。」という生徒がいますが、10年分の過去問を問題および解法を含めて他人に白紙から復元し、説明できる程に正確に覚えられたら必ず「合格」できます。是非、白紙復元し他人に説明できるほどに「覚えて」しまってください。制限時間の3分の一程度で問題を解けるようになって初めて試験の現場で制限時間内に問題を解くことが出来ます。

我々が過去問解説DVDを作成し、お届けするのは、受験生の皆様に片時も、一瞬たりも「過去問」すなわち「最終目標」から目を逸らして頂きたくないからです。受験勉強を続けていれば、「もうだめかも。」「志望校を変えた方がいいかも。」と弱気になったり、「あまり良い問題ではない。」「前に出た問題はきっと出ないだろう。」などと自己本位な解釈に立って、無謀な勉強方法に逃げてしまうことがあるかと思います。それは、どんなに優秀な生徒でも人間である以上やむを得ないことだと思います。そんなとき、この「慶應大学医学部生による過去問解説DVD」を視聴していただき、もう一度勇気をもって過去問に取り組んでみてください。一度目は歯が立たなくても、2度、3度と繰り返すうちに、必ず自信を持って問題を解けるようになります。数多い受験生の中でも、私学受験の「頂」を極めた慶應大学医学部生の思考や現場での処理方法を過去問という最上の教材を使って学ぶことが出来るのは、このDVDの視聴者であるあなただけです。是非、常にこのDVDを傍らに携え、過去問演習という合格への王道を極めてください。

5.この教材をご使用いただく皆様にお願いしたいこと

「慶應大学医学部生による過去問解説DVD」をしっかりメモを取りながらご覧いただき、講師の解法手順をマスター頂くことで、合格をより確かなものにして頂けると確信しております。もっとも、映画のように「流し観る」だけでは全く役に立ちません。役に立たないどころか「観た」だけでやったような気になってしまい、その実、何も役に立たないだけではなく、貴重な過去問を一問一問大切に解いてゆくという受験生としてのあるべき姿勢を失ってしまう事にもなりかねません。必ず、

(1) メモを取りながらご覧いただき、講師の示した解法を再現できるように練習をお願いいたします。

(2) DVDを視聴後は、もう一度自分で問題を解きなおしてみることをお願いいたします。

(3) 最低3回はDVDをご視聴頂き、概ね何年にどんな問題が出ていたかを口頭で言えるまでに訓練をお願いいたします。

6.この教材販売による収益について

「慶應大学医学部生による過去問解説DVD」による収益の10%は膠原病をはじめとする難病患者の皆様を支援させて頂くため病院その他の研究施設に寄付をさせて頂きます。

7.教材サンプルVTR(ユーチューブ配信のため商品としてお送りするDVDよりも画質が荒くなっております。)

※再生していただき、画面下に現れます「車輪マーク」を右クリック頂きますと数字が出て参ります。720を選択していただきますとより高画質の画像をみて頂くことが出来ます。(720でも、商品の画像よりは解像度は落ちます。)

※サンプルVTR